資産1000万円を作るのに最適な資産運用法とは

資産運用によって1000万円にまで資産を増やそうと思うと、まず、元手がいくらあるのか、可処分所得がどれくらいか、あなたの投資スタイルはどのタイプかなどたくさんの前提条件があります。

仮に40歳で10年間で1000万円を作ろうと思えば、一番確実な運用法は10年個人向け国債です。毎年100万円を買い足して行き11年目に解約すると最後に購入した分の利息も2回分支払うだけですので確実にためることが出来ます。運用といっても何も投資することが運用とは限りません。ほぼ、ノーリスクでこつこつ積み上げていくのが実は一番硬いのです。特に40歳というとお子様もまだ小さいでしょうからそれほど、教育資金もかかりません。また、共稼ぎをしているとより貯蓄速度も加速しますが、出来れば主の稼ぎのみで貯めるのが理想です。単純に割り算をしても年間100万、月にするとたった9万程度です。平常月は5万円でボーナスで20万円を2回でちょうど100万円です。ここでは、国債を取り上げましたが、他にも定期預金でも良いですし、キャンペーン付きの金融商品の購入もお勧めです。もちろん元本われのリスクが無く、預金保護機構の対象になっている超安全先での運用です。これでしたら、今あるたくわえには手をつけずに一から作ろうと考えていらっしゃる方には最適な方法といえます。

次に、手元に500万程度の余裕資産があり、ここから資産運用をして1000万円UPの1500万円にする方法です。あくまで余裕資産であり、多少のリスクも許容できる方に向けた運用法になります。不動産投資か投資信託、株式運用のうち、自分に向いている、興味のあるものに長期スパンで資産運用するのがここでの重要ポイントです。これは、為替が東日本大震災のとき1ドル70円近くまで下がったのが今は110円を軽く回復していることからも分かるようにまた、数年前のアベノミクス効果による株価の高騰をみても明らかなように短期間で見れば含み損を抱えるかもしれませんが、長期で見れば結局は元に戻るのです。但し、不動産にしても株にしても一流どころを購入しなければいけません。東証一部の取引高の大きな銘柄、単元あたりも50万円程度のところを分散して持つ方法が株での資産運用のお勧めです。銘柄が決められない方は、上場投資信託など日経平均連動型などがお勧めです。なれてくれば、個別銘柄に挑戦しても面白いでしょう。少なくとも、配当の有無には気をつけて購入したいものです。

最後は100万円程度の余裕資産での資産運用ですが、こちらは約10倍に増やす必要があることから少々リスクを負う必要があります。逆に結果が出るのも早い方法でもあります。レバレッジを聞かせて資産以上の取引が出来る信用取引やFXの類がお勧めです。株を選ぶにしてもマザーズのように成長性に投資をするような感覚を持たなければ1000万には届きません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る