マイナス金利制度を利用してうまく資金運用するには?

マイナス金利制度を利用してうまく資金運用するには、どのような方法があるでしょうか。

マイナス金利であるため、日常的によく目にする金融機関、銀行などでは、金利はとても低い設定になっています。

ただ、このようなマイナス金利となっているため、キャンペーンなどを行い、貯金目的や貯蓄目的よりも、防犯上、金融機関に預けた方が安全という面をメリットに、お金を預けてもらおうという働きかけなどがある金融機関もあります。

このような時代に、資産運用を行う際には、このマイナス金利を逆手にとって、逆に上記のように金融機関に、お客様がお金を預けないことを見込み、大手のデパートなどでは、ネットバンキングやデパートなどに設置されているATMなどを使って、定期預金や普通預金に、お金を預けてもらおうとする試みがされており、このような資産運用であれば、数年前の日本の先述したような、金融機関で行われていたような金利で、お金を預けることが可能となっています。

このような資産運用であれば、他の一般的な銀行などとは異なり、金利が高く設定されているため、ATMやネットバンキングを使って、お金を預ければ、上記のような銀行などの倍以上ほどの金利を受け取ることが可能となっているため、資産運用としては、とてもお勧めできるものとなっています。

特に、お金が大きい金額を預けている人ほど、金利の影響を受けやすいものなので、このような、大手のデパートなどで実施している、ネットバンキングやデパートに設置されているATMなどでの定期預金の特別金利の申し込みは、とても良い資産運用の1つとなっています。

これであれば、マイナス金利に影響されることなく、良い金利を得ることが出来るため、また定期預金であっても、設定した1年後か2年後、または3年後には、しっかりとATMなどで利子と共に、お金をおろすことが可能となっているため、とてもメリットが大きい資産運用となっています。

また、別のメリットとしても、夜遅くまで営業を行っているデパートなどもあるため、金融機関では夜遅くにお金をおろすと、手数料などが高いケースがありますが、上記のようなデパートのATMでは、0円でお金をおろすことが出来るように設定がされていることが多いため、仕事が忙しい時などに、夜遅く、お金をおろす際にはとても便利であり、お得となっています。

また、普通預金でも、他の一般的な金融機関よりも、現在高い金利が設定されているため、良い資産運用の1つとなっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る