マイナス金利時代に資産運用で対応すべきポイントとは

マイナス金利時代に資産運用で対応すべきポイントについて、現在の日本では、マイナス金利の設定がされており、多くの金融機関、銀行などでマイナス金利となっています。

そのため、通常貯金や普通預金など、自由におろせるお金の金利はとても低く、また通常であれば、定期貯金や定期預金などは、金利が通常貯金や普通預金などよりも、良い金利のものが多いことがほとんどですが、現在の日本では、上記のような理由から、ほとんど金利に差がないほど、低い金利となっています。

そのため、資産運用をこのような金融機関で行いたいという人でも、貯金や預金では、ほとんど預けておいても、利子などを受け取ることが出来ないため、ただお金を預けている…という状態になってしまっており、資産運用で用いる方法としては、あまりメリットがないことが多くなってしまっています。

ただ、お金などがとてもたくさんあり、防犯上などの観点などから、預けているという場合には、防犯的にはとてもメリットがありますが、上記のように資産運用として、このようなマイナス金利の時代に、お金を貯金や預金で預けていても、先述のように、うまみがあまりありません。

そこで、金融機関以外に目を向けてみると、マイナス金利というこの時代を逆手に取り、上記のように金融機関などが、とても低い金利設定にされていることとは逆に、都会などの大手のデパートなどでは、資産運用をこちらのようなデパートで行ってもらいたいと、独自のお得な商品を開発し、実際に販売し、大きな話題を呼びました。

ただ、このような資産運用については、東京近辺の人であれば行うことが出来ますが、田舎などの地方の人では行えない資産運用となっています。

しかし、別のポイントから見ると、全国的にお店を展開している大手スーパーでデパートなどのネットバンキングも、この時代に、大きな金利の設定を行っており、お店に設置されているATMやネットバンキングなどを利用して、金利の良い商品を提供しています。

およそ大きな差では、上記のような金融機関の倍ほどもの、金利の高い商品を提供しており、例えば1年間だけ、上記のようなネットバンキングなどに預金を行っても、普通の銀行の何倍もの金利の利子を受け取ることが出来ることから、大きな人気を呼んでいます。

また、普通預金として、いつでもすぐにおろすことの出来る貯金についても、他の金融機関とは比較にならないほど、高い金利が設定されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る