10万円からの少額投資で100万円を増やす方法

少額投資は、実は資産運用の基礎基本です。ただ普通に銀行に預けていてもなかなか増えませんから、いろいろな投資を積極的に仕掛けていくのは悪い選択肢ではありません。
この時、どのような方法があるかというと、少額投資ができる方法は様々な方法があります。

少額投資の代表的な方法としては、株があります。
株は単元というある程度のまとまった数を購入する必要がありますが、そのまとまった単元でも価格はそんなに高くないものもあります。また、単元未満株といって、まとまった数以下でも購入できる株が多いでしょう。
このような株はインカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙うことができます。とはいえ、一つの銘柄に集中せず、複数の株を所有することが望ましいでしょう。売買益や優待、配当など、様々な収益が期待できます。様々な資産運用方法の最も基礎基本的なところといえるでしょう。
もう一つは投資信託です。
これは、それぞれの商品毎に特定のテーマを設定し、そのテーマに応じた投資を行い、利益を出資者に還元するというものです。特定のテーマに応じた商品なので、例えば日本株と外国株、日本債権と外国債券、というように、特定の商品の値動きに連動して価格も上下し、利益を出します。
あまり資産がない人がこれから行う資産運用先としても向いています。商品によって最低投資価格も違いますから、少額から始めることもできます。毎月の積立などにも適しているでしょう。また、テーマ次第では海外の不動産、日本のエネルギー業界、というように、特定の業界に限定した資産運用ができるでしょう。
また、嬉しいのは金も積立ができます。金や貴金属などの積立はそれぞれの投資の時に防御として持っておくといいということでしょう。株や投資信託の価格が下がり資産額が下がっても、対照的に金は値上がりする傾向があります。とはいえ、100万円程度の資産を増やしたいのなら、あまり多くの金額を持つ必要はありません。
債権などもあるでしょうが、債権の場合は資産運用の中でも比較的保守的なものになっています。このため、確かに投資をするのには悪い投資先ではありませんが、理由や長期的に増やすとなると、選択肢はかなり限られる傾向もあるでしょう。

とはいえ、100万円を得るためには、ある程度継続すること、長期保有すること、もしくは不要なときにバッサリ処分してしまうことなど、多くのコツがあります。
このため、これらの資産運用を試す前に、まずは自分で学習を行い、どれがいいかどれが良さそうか、ということを学習しなくてはなりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る