一番効率の良い「100万円」の資産運用方法とは

ある程度まとまったお金があると、それをどのように増やしていくかを考えるようになってきます。その一つの目安として100万円を人くぎりに考えている人が多いようです。この金額を超えると、資産運用を意識し始める人が増え始め、株式投資や投資信託、金や銀などへの投資、FXなど様々を検討していきます。それではどのような方法で資産運用をするのが効率が良いのでしょうか?
単純にリスクを考えなければFXなどでレバレッジ効果を期待して取引することです。これなら預けた金額の何倍もの金額を取引することができますし、運が良ければ大きく資産を増やすことができます。しかし、あまりにも運の要素が強すぎるためにおすすめできません。これではただのギャンブルで、資産運用とは言えないものになってしまいます。堅実な方法を選ぶのなら定期預金という方法も可能です。100万円ならば大口の預金になるので、その分金利も優遇してもらえます。しかしここでポイントとなるのは、あまり長期の定期を組まないようにしておくことです。長期の定期預金ならば金利も良くなりますが、それは現時点で金利がいいというだけの話です。景気の先行きなどは誰にもわからないので、一か月後には金利が突然上がるかもしれません。また、後になってより効率よく安全な資産運用が可能な金融商品が出る可能性もあります。その時になって自由に使えなお金では意味がありません。そのため定期を組むならば、1年程度で組んでおき、毎年見直していくことで効率よく運用していくことができます。
定期では少し金利が物足りないと考えるならば、保険で資産運用を行うこともできます。貯蓄型の保険でしたら、満期の時の受け取り金額が払い込んだ金額より増えているはずです。学資保険や生命保険などでもそのような保険がありますが、最近では資産運用のための保険も出てきています。特約などがほとんどつかず、定期預金よりも良い金利となるような商品です。もちろん特約などをつけることもできるのですが、その場合あまり資産運用としてのうまみはありません。払込金額のほうが多くなってしまう可能性があります。また他にはドルコスト法を利用して、定期的に優良企業の株式を購入していくということもできます。毎月決まった日付に、同じ金額分の株式を購入していくやり方です。短期的には損をすることもありますが、株価が安いときはたくさん株式を取得でき、株価が高いときは少ししか買えないため、ある程度続けていくと結果的に買い付け価格が下がっていくようになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る