憧れの生活が送れる?いま資産運用を始める必要性とは

現在、日本ではとても不景気であるとニュースなどでも報道がされている通り、リーマンショックの後から、かなり不景気な時代が続いており、老後の年金などもしっかりともらえるのかが分からない…このような報道や特集が、よくテレビや雑誌などで放送、または掲載されています。

このように、資産運用の必要性については、とても悩んでいる人が多く、また、老後に自分がどのようになってしまうのか分からない、と強く不安感を抱いている人が、とても多いことが現状です。

憧れの生活を送るためには、とても裕福な家庭であっても、とても貯金などや貯蓄が必要とされており、資産運用などを行う必要性があると言われています。

このように資産運用を始める必要性が言われている背景としては、上記のように、日本が不景気な時代にあり、同時に世界的にもギリシャの国家破たんの経済危機など、世界的にも、多くの国が不景気な時代にあり、一部の国を除いて、多くの国が不景気にあえいでいるため、老後にしっかりと国が補償をしてくれる年金が大丈夫であるのか?このような懸念があるからです。

また、現在、若者の数が少なく、お年寄りのおじいちゃんやおばあちゃんの数が圧倒的に多く、それに次いで中年の方々の数が多いとされていますが、このように、若手がいないことが、余計に老後にしっかりとした憧れの生活を送れるのか?という懸念を持つことの一つにもなっています。

万が一に、お体などが不自由になってしまい、介護付き有料老人ホームなどに入居出来たとしても、およそ毎月に18万円前後のお金がかかるため、このような時のために、資産運用をしっかりと行っておき、資産運用で得たお金を貯金や貯蓄などにまわし、上記のような万が一の際に備える必要性がある、このように言われています。

このため、お金をあればあるほど、安心して老後を過ごせるものになっており、上記のように、認知症になっても長生きが出来る時代となっていることから、何歳まで自分が生きるのか?は誰も予測などが出来ないため、このように資産運用がとても必要になっており、現在あるお金を増やすことで、老後の安心を買う、このような背景になっています。

長生きできることはとても素晴らしいことですが、このように認知症などのご病気や、他の病気、例えば糖尿病などで入院してしまうこと、またそれに伴い手術などが必要になった際には、長期に入院などをする必要などもあることから、このような保険の面についても、見直しと資産運用が考えられる、必要性のある時代となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る