安全性の高い資産運用方法を選びたいなら知っておくべきこと

安全性の高い資産運用方法を選びたいなら知っておくべきこととして、世間でよく知られている資産運用、例えば株などの購入や投資信託などの資産運用の方法が、必ずしも安全であるということはない、ということです。

よく、株などで大成功した、このような話を聞くと、つい自分も株に手を出してみたくなるものですが、株の購入については、大きなメリットとデメリットがあります。

まず、資産運用としての株のメリットとしては、短期間で、大きな利益があげられるケースがあるということです。

これは、よく大儲けをした!という方のお話にもあるように、昨日まではたった1000円だった株が、翌日には2000円にまで跳ね上がっていたため、売却を行って、一晩で大きな利益が出た!ということもあるということです。

ただ、このような資産運用の場合、上記のようにとても大きな利益を出した人がいる一方で、破産して、自殺にまで追い込まれる人がいるほど、とても危険な資産運用であり、もし、運が悪い場合には、今度はその方が、破産してしまう方の側になってしまうことも十分にあり得るという資産運用であり、これが大きなデメリットとなっています。

これは、投資信託についても、同じことが言えます。

投資信託も、元のお金がとても少額でも、上記のように大きな利益を生むことが出来る点がメリットとなっていますが、先述したように、デメリットとして、少額で初めて大きな利益を生む一方で、損失を生む力も大きな資産運用となっています。

そのため、お小遣い程度の金額で、元本割れをしてもいい、預けたお金が戻ってこなくても一切構わない、このような博打のような気分と覚悟で、運試しのつもりで、投資信託などを資産運用として使う場合には、問題はないのですが、例えば、老後に必要なお金を全額、上記のような投資信託、または株に預けてしまうことは、大変に危険です。

この場合には、実際のデメリットとして、上記のような老後に必要なお金が一切無くなって消えてしまうことも、日常茶飯事に起きていることだからです。

そのため、先述したように、自殺してしまう人がいるほど、恐ろしい資産運用の1つともなってしまっています。

安全性の高い資産の運用方法を選びたいなら、上記のようなことを頭に入れておくと、このような株や投資信託を選ばずに、また大切なお金を多く、運用に回さずに済みます。

安全性の高い商品を選ぶ際には、地道ですが、貯金などがとても安全性が高く、決して元本割れは起こりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る