老後のために”今”はじめる資産運用の必要性

現在の日本は、超高齢者社会であると同時に、日本の経済は先行きが不安定である、このように言われています。

また、老後の不安などがとても多いことから、資産運用の必要性は、とても大切であり重大な問題となっています。

万が一に、認知症などになってしまった際に、運良く介護付き有料老人ホームに入居できたとしても、毎月、およそ18万円前後が費用としてはかかってしまうため、上記のように、国の年金が不安定であると言われている現在社会においては、個人で資産運用をしっかりと行う必要性がとても高いとされています。

まず、資産運用については、オススメできるものは、例えば生命保険やかんぽ保険に加入している場合、先に前納金として、老後に支払う必要がある保険料などが残っている場合には、先にそちらを支払うことが、資産運用の1つとしてはオススメです。

これはなぜか?というと、老後になると、毎月支払うことを忘れてしまい、万が一に入院や手術などを行った際に、保険が失効してしまっていた、このようなトラブルを避けるために、先に、前納をしてしまった方が、払い忘れがないからです。

また、同時に、前納をかなり多く、老後の先まで前納をすることで、大きな割引率が適用されます。

そのため、入っている保険によっては、満期の際に受け取れる保険のお金よりも、支払った保険料の方が少なくて済んだ、このようなケースもあります。

そのため、資産運用をしていく上では、とても効率の良い運用方法となっています。

また、上記のような保険の場合には、配当金がついてくれることが多いため、保険の失効を避けるためにも、先に割引適用率が高い保険料金を、前納してしまった方が、金額的にも安くお金を済ますことが出来ると同時に、老後には、大抵の場合に、配当金を受け取ることが出来るため、その配当金を使って、さらに貯蓄や投資信託などを行ってみるのも、一つの資産運用となっています。

少額で始めることが出来る資産運用は、上記のような投資信託であり、これはプロの銀行員などに任せれば、かなり大きな儲けが出ることもあります。

ただ、どうしても、投資信託であるため、万が一の際には、元本が割れてしまう可能性もとても高い資産運用であるため、そのことが心配な方は、上記のような保険の前納などを行い、浮いたお金は国債などを購入し、地道に貯金をしていく方法が、オススメとなっています。

国債の場合には、元本割れはないからです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る