知っておきたい資産運用とマイナンバー制度の関係とは

資産運用とマイナンバー制度の関係については、たびたびテレビなどの報道が特集されており、放送されて議論を呼んでいるものですが、マイナンバー制度により、個人に番号が付けられた形になった関係で、銀行などに預けている預貯金などの総額や種類、または加入している生命保険などがどのようなものであるのか?このような細かな資産運用のデータが、しっかりと個人と結びついて、知られたく第三者などに、知られてしまうのではないか?という危惧がされています。

そのため、一見すると、マイナンバー制度と資産運用については、まったく何の関係もないように見えるものですが、上記のように、資産運用を銀行などで行っていると、その資産の内容や、運用の内容、また、配偶者にはいくら資産があり、資産運用の状況はどのようになっているのかなど、家族が行っている資産運用などの内容についても、分かってしまうのではないかと、このように議論がされています。

このため、ニュースなどで報道され、多くの方が議論や心配をしているように、資産運用を行わずに、自宅に現金などを隠し、実際には資産がないように見せかけようとする方々が増加するのではないか?と言われています。

そして、このように、自宅などにお金を隠すこと、このような人が増加すると、逆にマイナンバー制度により、犯罪が増発するのではないか?という懸念もされています。

これは、マイナンバー制度により、上記のように、金融機関にお金を預けたり、金融機関で資産運用を行うと、自分がいくらほどの資産を持っているのか、年収がどれくらいであるのか、このようなことも知れ渡ってしまう可能性が高いため、それを避けるために、先述したように、多くの方が、自宅にお金などを保管してしまうようになるのではないか、その結果、そのお金を狙った犯罪者が増加するのではないか、このような心配がなされています。

そのため、このような制度の導入で、犯罪を少なくすることが出来ると言われていたものの、逆に、上記のような空き巣狙いのような犯罪が増発してしまい、余計に犯罪が多くなってしまうのではないか?という議論がなされています。

また、このように、資産運用を金融機関などで行わずに、自宅などにお金を置いておくだけでは、経済的にも良くないものであるという指摘がされており、経済の発展がうまくいかなくなってしまうのではないかという、このような議論もなされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る