資産運用に役立つおすすめ銀行の選び方

資産運用に関しては、おすすめの銀行はいくつかあります。ただしどこが役立つかというと、実際にはそれぞれの銀行ごとに違いがあります。

代表的な銀行としては大手金融機関や全国的に知名度の高い金融機関がありますが、そのようなところは一切信頼してはいけないという意見もあります。
これは、単純に資産運用のための相談窓口などがあったとしても、実際にはそれぞれの銀行ごとにやらなくてはならないルールや売らなくてはならない商品などがあり、そのような商品を選ぶと後で大きな損をしてしまうこともあるためです。
このため、極端なことを言えば銀行の言いなりになるようならまだあなたは初心者でしかない、という意見もあります。
実はこの不信論は様々な投資家が積極的に言葉にしていることですので、絶対に信頼出来ないことではありません。彼らは販売するプロですが、運用はしておらず、実際に成績を上げてあなたに利益を還元する立場ではないのです。

このため、今時ならなるだけ自分で学習しておき、あくまでも購入する機関として利便性などで選ぶというのが基本的なところでしょう。
この時、もしメインバンクがあるのなら、もちろんその口座でも構いません。ただし「特定の商品がほしい」とすでに決まっているのに対して「いや、お客様はこちらのほうがいいです」というように他の商品をおすすめしてきたり、特定の商品を強くおすすめするようなら、避けたほうがいいのです。この場合はローンや給料受取口座など、資産運用とは全く違う方面での運用を考えたほうがいいのかもしれません。
一方、資産運用をもし行うのなら、今時の選び方としては利便性と手数料の安さがあるでしょう。利便性とは、いろいろなところから口座の残高や運用成績をチェックできたり、あるいはそれぞれの新商品の情報などをしっかりチェックできる機関です。また、手数料が安いというのは人を介さないということですから、その点では自分で操作を行う必要があり自己責任となりやすい側面もあるのです。
資産運用に関しては、ネットとの連携がしっかりなされているところや、ネットバンクを選ぶというのも基本的な方法でしょう。ネット証券会社などもいいのかもしれません。ただし、少なくともネット対応をあまりしていない、積極的ではない保守的なところが悪いわけではありません。
また、手数料に関してはそれぞれの金融機関ごとに違いがある商品もあります。このため、手数料がある程度安いところを選ぶというのも選び方の一つのやり方になります。もしほしい商品が決まっているのなら、その商品を買うためにどこが手数料が安いか、ということを考えて選ぶのも方法でしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る