【初心者向け】資産運用方法の比較

今は貯蓄をしていても、利息で資産を増やすことは期待できない時代ですが、工夫次第では資産を大きく増やすこともできます。
資産運用も様々な方法が用意されていますので、なんらかの方法で資産を増やしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

資産運用を始めるなら、まずはそれぞれの投資ではどのようなメリットがあるのか、リスクがあるのかもよく確認しておく必要があります。
資産運用は短期間でも大きく利益をあげられるチャンスはありますが、逆に資産が減ってしまう、損失が出てしまう場合もあります。
ハイリターンが期待できる投資はハイリスクでもありますので、初心者の人はいきなり、高いリスクの投資は避けたほうが良いでしょう。

資産運用方法はしっかりと比較して選んでいきたいですが、まずはリスクなしで選ぶのであれば貯蓄という方法があげられます。
普通預金、定期預金、定額預金など様々な種類がありますが、安全性は高いもののほとんど利益はあげられないことは理解しておきましょう。

リスクなしでより利益をあげたいという場合は国債の購入も考えてみてはいかがでしょうか。
これは国が発行する債券で、国にお金を貸すというものです。お金を預けておくだけですので、基本的には貯蓄とあまり変わりがありませんが、利回りが良いこともあり、貯蓄より多くの利益をあげていくことができます。

満期まで保有していれば元本割れの心配はありませんが、途中で解約していまうと元本割れになる場合もありますので、注意しましょう。

より多くの利益を期待するのであれば低リスクの資産運用から比較してみることもおすすめです。
低リスクの資産運用のひとつに外貨預金があります。これは日本円ではなく外国の通貨で貯蓄を行うことです。金利も海外のほうが日本より高い傾向にありますので、より多くの利益が期待できます。
注意点としては外貨預金はペイオフの対象外であること、為替手数料がかかるということがあげられます。
さらに為替の変動により預けた外貨の価値が変わる為替リスクもあります。

このほかの低リスクの投資では投資信託があります。
投資信託は複数の投資家から資金を集め、そのお金で専門家が分散投資を行います。
運用は専門家に任せておくことができますので、投資の知識がない人にも利用することができますし、小額からも始めることができますので、リスクも抑えることができます。

投資の経験が浅いうちはいきなり多くの額を投資するのではなく、まずは少額でリスクの少ない方法を選んでいきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る