【資産運用の始め方】少額での資産運用のために準備するものとは

投資による資産運用をしようと考えたときには、資金なくしては始めることができません。
従って、資産運用の始め方としては、原資としての資金が必要になります。
資産運用の始め方を把握する前に、原資になる資金を得るために仕事をすることで一定の収入を得ておくことが大切となります。
10万円であれば1%の運用益であれば1000円しか増やすことはできませんが、1000万円の資金があれば1%の運用益で10万円増えることになるために、運用できる資金は多いほど有利と言えます。
近年ではインターネットを利用した取引を行うことがほとんどと言えますので、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの端末が必要になります。
株取引やFXのような資産運用に関しては、スマートフォンアプリも充実していますので、必ずしもパソコンが無ければ始められないということはありません。
近年では、スマートフォンだけで取引を完結させることも可能となってきています。
マイナンバー制度が施行されたことにより、証券口座とFX口座の両方においてマイナンバーの通知が必須となっています。
現時点において株式口座を保有している人であっても、マイナンバーが費用になりますので作成しておくようにしましょう。
マイナンバーの作成にあたっては、住民税を会社に請求することになったときに、給与から算出される税金額と差が出ることが考えられます。
株式投資や投資信託を行うときには、特定口座、源泉徴収ありを選択すれば、税金は株式口座から出ることになります。
株式や投資信託の方法で資産運用をしていくにあたっては、証券口座を作る必要があります。
証券会社としては、総合証券とネット証券がありますが、少額で始めるときにはネット証券の口座を開設することがおすすめと言えます。
総合証券と比較してネット証券のほうが、手数料が少額に設定されているなどのメリットがあります。
株式投資や投資信託の売買による資産運用については、多くのネット証券で行うことが可能ですが、証券会社によってはFXのサービスを提供しているところもありますので、FXに興味がある人にはサービスが受けられる証券会社を選択することがおすすめです。
ネット証券であればリアルタイムに取引を行うことができる点や、様々なツールの提供が受けられるなどのメリットもあります。
ネット証券の口座と合わせて、ネットバンクの口座も用意しておくと便利です。
ネットバンクの口座があれば即時に資金を動かすことが可能な銀行もありますので、様々な手続きに便利と言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る