債権で資産運用をしている人に知っておいてほしいこと

資産運用を目的として購入する金融商品にはいくつかの種類が存在しています。その中から債権を選んで資産運用を行っているという人が少なからず存在しています。この金融商品には様々な種類が存在していますが、国の借金である国債や一般企業の借金である社債などが主なものです。これらは資産運用の中では比較的分かりやすいものではりますが、リスクについてはしっかりと検討しておくべき金融消費の一つです。

債権とはどのような仕組みなのか

資産運用の中でも国や一般企業にお金を貸すという方法で資産を増やしていこうと考える人は少なくありません。銀行の定期預金と同じように一定期間現金化数rことは出来ませんが、満期になると利息を付けて満額を変えしてくれる仕組みになっていますのでリスクが少ないと感じる人も多いです。しかし銀行に金を預けた場合の金利よりもはるかに高い設定になっているケースが多いため、銀行に預けるくらいであれば国や企業に貸すことを考える人もいるのです。この様な仕組みで成り立っています。

損失を出す可能性はないのか

債権で損失を出すケースとしては返済不可能に陥る場合があります。国債の場合には国が借金を返済することが不可能になる際にこの問題が顕在化します。一般にデフォルトと言われており、大きなリスクとして考えられています。そのため同じ国債でも金利が大きく異なります。日本の様に安定した国では国債の金利は非常に低く、政情が不安定な国の債権であると非常に金利が高いという性質を持っているのです。社債についても同じことが言え、倒産のリスクが高いと判断される程度によって金利の設定が変わってきます。そのため高金利で利率が高い企業はそれに見合うリスクがあるということを意味しています。注意すべきものであると言えるでしょう。

資産運用とマイナス金利について

現在ではマイナス金利が導入され、債権市場にも少なくない影響が及んでいます。国債の金利が非常に低下してしまったために資産運用の方法としての魅力を失いかねない状況になっています。一方で一般企業の場合にはまだまだ十分に投資価値のある水準になっています。そのためこの方法で資産運用を検討しているのであれば、しっかりと借り手の状況を把握して投資すべきです。これからどのような状況に向かっていくかは誰にもわかりませんが、マイナス金利によってこれまでには無かった状況が生まれる可能性があると言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る