結果に差がつく資産運用の比較方法とは?

資産運用を行っている人は少なくありませんが、その結果には大きな差がみられます。これは、ただ単に運の良しあしだけでなく、資産運用方法の選び方や投資に対するスタンスなども関係してきます。例えば、余裕資金で勉強気分で資産運用をする場合、運が良ければ利益になりますが、利益を得るための理論を持っていないため、外れることもあり、トータルで見るとそれほどメリットがありません。一方で、資産運用に対して真剣に向き合っている人を比較すると、自分自身で勉強もしていますし、より良い運用方法を探して、常に相場などをチェックしてこまめに手を入れています。
資産運用をするうえで、まずは自分自身で運用をするのか、プロに任せるのかを選ばなければなりません。自分で運用をする場合は、こまめにチェックをする必要がありますので、本業に余裕がある人の方がお勧めです。一方、自分でこまめに運用をするのが面倒という人には、費用はかかりますが投資信託などの方がお勧めです。比較的安定した利益を出している商品が数多くありますので、長い目で見ればある程度の利益が期待できます。
資産運用をするときの、最終目標までの期間も重要になってきます。例えば、20~30代の人が老後資金のために運用をする場合などは、40年近い期間がありますので、不動産投資に挑戦したり、リスクの大きい運用で利益を出して、徐々に安定した運用へシフトしていくという方法もあります。一方、ある程度年齢を重ねており、子供の教育資金など短期間で資金が必要になる場合には、大きく元本割れをするような商品は危険すぎて選べません。この場合、運用する金額を減らすか、安定した運用や少額の積み立てなどを行い、資金に余裕ができたらリスクも取り入れるような方法の方がよいでしょう。
いずれにしても、資産運用は短期間で結果が大きく出せるものではありませんし、どの方法でもリスクはあります。そのため、パフォーマンスの高い商品を選ぶこと、手数料が安いところを比較すること、年齢や余裕資金の額に応じて適切な商品を探すこと、分散投資をすることなどを念頭に置いて、元本割れしても家計に影響がない範囲内で行うのがよいでしょう。これまで惰性で運用して利益が出ていないという場合には、まずは現在のポートフォリオの見直しをして、株や債券などに資産を分散させてみたり、バランスの良い投資信託を検討してみることをお勧めします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る