賢く資産運用して「1,000万円」を手に入れよう!

資産運用を考えることは重要です。何もしないで貯蓄をすることも大切ですが、どうせなら老後のためにも蓄えを増やしておきたいところです。また、手元資金があった方が選択の幅が広がるため、窮屈な生活や我慢の生活を送らなくて済みます。そのため、資産運用で資金を増やすことを考えてみましょう。いきなり大金を手に入れることは難しいので、現実的でありそこそこ的またお金である1000万円を目標にしていきましょう。
ただし、資産運用にも注意点があります。それは、手持ちの資金すべてを投資に回してしまわないようにすべきという点です。確かに、資産運用では資金が大きければ大きいほどリターンが見込めます。しかし、どのような手段を用いようとも、リスクは完全に排除することができません。そのため、万が一資産運用に失敗してしまうと、1000万円どころか、すべての資産を失ってしまうこととなります。これでは、お金を増やそうとしたのにお金をゼロにしてしまい元も子もありません。
したがって、資産運用をする際には、収入のうち生活費として使用する分を除き、残った内の3割を投資に回すようにして、残りは貯蓄に回すようにしましょう。これならば、万が一失敗をしてしまったとしても、手元には十分な貯蓄が残ることになります。資産運用はギャンブルと同じなので、不確実な要素を持っています。そのリスクを考えた手段をとることが重要なのです。
また、リスクの高い金融商品は避けるべきです。リターンが大きくても、リスクも高いと確率的に損をする確率の方が高いです。賢い選択としては、確実に少しずつ増やしていくという手法が挙げられます。
同様の観点から、株やFXを資産運用に取り入れる場合でも、信用取引は避けましょう。信用取引は、手持ち資金の何倍ものお金を動かして運用することを可能としますが、失敗すれば手持ち資金以上の負債を残すこととなります。これも、結局はお金を増やすどころか借金を増やしてしまうことになりかねません。プロでさえ、取引に失敗してしまうこともあるため、素人にはなおさらリスクが高いのです。それよりも、現物取引に抑えておくのが素人にとっては最適です。仮に損をしたとしても、投資した分以上の損は出ませんので、リスク管理の観点からも優れています。また、少額であればNISAの活用により、非課税措置の恩恵も受けられます。これらを上手に活用して、1000万円の貯蓄を目指していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る