安全に資産運用していくのに必要なのは何なのか

資産運用に関心を持つ人は、近年増加しています。その理由の一つとしては、年金制度に対する懐疑心や、景気の悪化による収入低下などが挙げられます。そのため、少しでも生活を楽にしたり老後の生活の足しにしたりする目的で、資産運用を考える人が多くなっているのです。貯蓄のみでは、蓄えられるお金にも限りがありますし、金利もほとんどないに等しい現状では、投資に注目が集まるのも自然といえるでしょう。ただし、投資にはリスクがあるので、なるべく安全な資産運用をしたいという需要も高いです。資産を増やすことにはリスクがつきものですので、これと安全を完全に両立させることは不可能です。とはいっても、そのリスクの大きさは資産運用の仕方によっても変化するので、なるべく安全に投資をしたいという人は、予め考えておくべきです。
そこで、資産運用を安全に行う方法として一番重要なのが、生活資金と投資資金を分けるということです。確かに、投資で運用するにあたって、資産が大きい方が利回りが大きくなるため、成功した時のリターンも大きくなります。このことは魅力です。しかし、失敗した場合は、リターンがゼロになってしまいます。そのため、最低限生活していけるだけのお金は残しておくべきなのです。そしてできれば、貯蓄もある程度はしておき、資産運用に失敗した時でもある程度はお金が残るようにしておいたほうが、貯蓄ゼロのリスクを避けることができます。そこで、収入のうち、最低限お生活費はとっておき、投資に回す資金は残りの金額の3割にとどめておくというのが賢い選択です。仮に投資に失敗してもまとまったお金が手元に残りますので、生活が全くできないという自体は避けられます。
もう一つは、よく考えた投資の選択を行うべきという点です。金融商品の販売をする人も、営業成績を伸ばすために、誰も買ってくれない金融商品をさも素晴らしい物のように宣伝してきます。もちろん、全くダメな金融商品はないので、それなりの利点はあるでしょう。しかし、リターンが大きいとリスクも大きいのが金融商品の約束事です。リスクを追うからこそ、成功した時のリターンが恩恵として与えられるのです。ギャンブルとしては面白いかもしれませんが、投資に使う資産は生活の資金や、老後の蓄えとして考えているのであればリスクを追う必要はありません。したがって時間がかかっても良いので、自分で納得できるまでよく考えて、投資先を選択するようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る