30代からの夫婦のための資産運用の始め方

資産運用初心者の方の具体的な始め方としては、目標とする金額や期間、目的などを明確化してどのような金融商品で運用をしていくか、計画を立てるところから始めることがおすすめです。
始め方の基本としては、まずは少額融資から始めていくことが理想的で、少額投資の商品としては損失が小さくなる点がメリットと言えます。
初心者向けの少額投資ができる資産運用の代表例としては、株式ミニ投資や投資信託積立、国債などがあります。
株式ミニ投資については、一般的な売買を行う単位の10分の1の金額で購入ができます。
その反面、証券会社が選択した銘柄の中から自由に選択するものとなり、通常の売買単価が1株の銘柄を選択することはできませんし、指値注文も行うことはできません。
投資信託積立や1000円から始めることができる投資となり、国債については日本国の債権となり、個人向け国債では10000円から購入することが可能です。
投資信託積立は、毎月指定されている日に決まった金額の投資信託の買い付けを行う方法となり、長期間にわたって継続しやすい点と、複利効果が得やすい点がメリットです。
日本国の国債は安全性が高い商品と言えますので、定期預金の代わりに購入するなどのようなリスクを避けたい人向けの商品となります。

資産運用の大切なポイントとして、単利と複利の違いを把握しておくことが挙げられます。
100万円を年利1%で資産運用したときに、1年後の利益は10000円です。
複利とはこの利益を再び投資することを指しており、複利の投資のほうが利益が増えます。
資産運用を成功させるためには、目標の利回りを設定しておくことも大切です。
利回りについては、数値が高ければそれだけ収益率が高いことを示しています。
自分自身の収入や年齢、資産、今までの資産運用の経験値などを考えて、どの程度のリスクが許容範囲なのかを知っておく必要もあります。
一般的には年齢が若ければそれだけリスクを取りやすくなりますし、年齢が上がるにつれてリスク許容度は下がると考えられています。

投資をしていく上で、それぞれの金融商品を確認して自分に適した種類のものを選択することが大切です。
リターンを狙うことや企業別に選択して、分析していく投資をしたい人の場合には株式が向いていると判断できますし、
リスクを避けることや、金利の運用を行いたい人、資産運用にあまり時間をかけたくない人の場合には債権への投資が向いています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る